資金計画

既成のアパートやマンションを購入するのではなく、自己資本で建設するとなると、方法は「全額ローン」か「自己資金+ローン」となってきます。では全額ローン融資を受ける場合と頭金なりの自己資金を用意してからの融資を受けるとでは何が違うのでしょうか?全額融資の利点はまず、すぐに対象を建設することができるというのが大きいです。その分家賃収入なり、自分が住むなり、思い描いていた状態により早く入ることが出来ます。それにもし、数年後に見てこの時が一番の低金利だったら、とてもラッキーです。ですが全額融資となると頭金がある場合より融資の審査が細かくなります。金融機関も貸倒れは嫌なのでしかたがありませんね。次に自己資金+金融機関からの融資です。

この場合は頭金がある分、融資が受けやすいとされていることがメリットです。しかし、そのまとまった頭金を貯めるためには相応の時間が掛かるため、条件のいい融資を逃してしまうことがあります。ただ、返済期間が少なくて済むので、その間利息も安くて済みます。アパート建設を考えたのでしたら、ご自身の現状、資産状況、のちの収入見積もり、金利動向など、いろいろな条件と相談しながら最適の資金計画を選んでください。